ガーデニング上級者ならではの寄せ植え

2009年7月 8日 11:18 | コメント(0) | トラックバック(0)

ガーデニング寄せ植えに フラワリーランド(1パック)【2,000円以上送料無料】

 

ガーデニングを始めてもう数十年、という上級者の方は結構多いはずです。自分の庭にいろいろな工夫をしてそのご家庭ならではの色が出ています。

季節に合った花の種類や花の苗の選び方はもちろん、水やりの方法、対処法などもほぼ分かっているガーデニング上級者の方の寄せ植えは、まるでプロが作ったかのように美しいものです。

いろいろな花やグリーンをうまく配置して寄せ植えしてあり、プランターも普通のものではなく、おしゃれなテラコッタや木製のたる、和風の鉢などを使っていたりします。

ガーデニングの上級者ではなくても、まるで上級者のテクニックに見えるような寄せ植えもあります。コツをつかめば結構簡単にできますので、ぜひトライしてみてください。

例えば、春らしさをイメージすると、ガーデニングに向いているのはピンクや黄色の花が浮かぶと思いますが、あえてブルーや紫をメインに使って寄せ植えをしてみましょう。春ならビオラやパンジー、マーガレットなどがあります。大きめの木製のたるか丸型のテラコッタに背の高いマーガレットを後ろに、ビオラやパンジーを前に植えます。アクセントとして、白の花を加えると見栄えが良くなるので、デージーやノースポールを使います。

また、初夏には伸びる性質のあるサフィニアやペチュニア、ミリオンベルを大きめの白いコンテナにバランスよく寄せ植えをしてもいいでしょう。

 

 京都のホテルの口コミ  結婚式の電報  再就職手当をもらいましょう!
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

日当たりのよくない所での寄せ植えガーデニングに挑戦してみよう
一年草と言われるインパチェンス、その他にはシュウカイドウやツルニチニチソウ、シュウメイギクなどがあり、一日中日が当たらないような所でも充分に育ちます。
涼しげな秋の寄せ植えで楽しむガーデニング
秋は1年の中でも1番ガーデニングに向いている季節なんだそうです。秋にチューリップやヒヤシンスの球根を植えれば、春に楽しむことができるように、春に花を咲かせるためには秋に種をまくことからそう言われているのかもしれません。
夏のガーデニングに向いている花の寄せ植え
夏の暑さに強い日々草も寄せ植えに向いている花です。つり鉢植えにして、インテリアとしても楽しめます。休まずにどんどん花をつけてくれるので、夏のガーデニングにはとてもありがたい花です。
春を告げる花の寄せ植えでガーデニングを楽しもう
春が近づき、温かくなってくると庭や玄関先、ベランダなどに花の寄せ植えをしているご家庭をよく見かけるようになります。春は花の苗もとても充実しているので、ガーデニングをするのも楽しい季節ですね。
寒い冬こそガーデニングで寄せ植えを作りましょう
寒い冬こそ元気の出るビタミンカラーの花で寄せ植えをしてみてはいかがでしょうか。特にパンジーやビオラはガーデニングをする方にとても人気の高い花です。
通販をガーデニングの寄せ植えに活用
通販を利用すれば、自宅から一歩も出ずに、ガーデニングを始めることができてしまうのです。商品が届き次第、きれいな寄せ植えを楽しむこともできるのです。
ガーデニングで寄せ植えをするときに使用する鉢選び
鉢の種類ですが、ハンギングバスケットと言って吊りさげる型のもの、タル型のものや額縁型のものもあります。また、テラコッタで作られた質感の出ている鉢や、ドール型のかわいいもの、鳥かご型のものまであるので、選ぶのに迷ってしまいそうですね。
道具を活用してガーデニングや寄せ植えを華やかに
ガーデニングをやりたい、まずは寄せ植えから始めたい、といった場合何から揃えたら良いのでしょうか。最低限必要になるものが、寄せ植えをしたい花の苗、ガーデニングに適した鉢、培養土です。
ガーデニング初級者向けの寄せ植え
庭がなくても玄関やベランダに飾ることもできる簡単な寄せ植えから始めてみましょう。プランターは、お花屋さんやホームセンターに行くと、たくさんの色や形のものがあります。
ガーデニング上級者ならではの寄せ植え
季節に合った花の種類や花の苗の選び方はもちろん、水やりの方法、対処法などもほぼ分かっているガーデニング上級者の方の寄せ植えは、まるでプロが作ったかのように美しいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt.dt25.net/mt-tb.cgi/311

コメントする



このサイトを購読する